大木本建設/和みの家/建築会社/和風建築/匠の技/職人/思いやり/笑顔/但馬/気候/兵庫県/豊岡市/一日市

 



私たちは決して「和風」ということにこだわっているのではありません。日本の伝統に根差した精神性は大切ですが、和の伝統技術だからと意味もない空間をつくったり、必要もない難しい技を駆使するのは、本末転倒だと思います。住宅は住まわれる方が安心してくつろげる空間でなければならないことが大前提です。
完成して住まわれて、どことなく和を感じられるのは、「和みの心」を追求して暮らしや自然・
風土など、あらゆることの調和を目指した結果がおのずと和の空間になっていくからだと思い
ます。また、それが日本人の持つやすらぎへの共通の意識だからではないでしょうか?


大鴨居や漆塗り、昔ながらの土壁や、季節を飾る床の間など、日本の大工が「和みの心」を追求して、長い歴史を重ねて蓄積された、古来の伝統的な工法で建てる住宅です。
その技術を継承する大工は、但馬にも少なくなっています。


和風建築を現代の生活様式に合わせて再構築させた、現代建築。1階から2階につながる吹抜けや、大きな開口、薪ストーブの設置やウッドデッキなど、伝統的な技術と現代の最新設備を組み合わせた住宅です。


昔ながらの建築技術のまま残る古民家は、その技術を受け継いでいるものでしか再生は難しく、高い技術を必要とします。現代風のおしゃれな様相にすることもできますし、そのままの姿で残す事も可能です。

 


大木本建設/和みの家/建築会社/和風建築/匠の技/職人/思いやり/笑顔/但馬/気候/兵庫県/豊岡市/一日市