大木本建設/和みの家/建築会社/和風建築/匠の技/職人/思いやり/笑顔/但馬/気候/兵庫県/豊岡市/一日市

 



現在よく見られる、柱を隠してフラットな一枚の大壁にする「大壁造り」ではなく、しっかりと柱を見せて素材の風合いを楽しめる「真壁造り」。柱自体が見えるので材料の選別も仕上げ作業もいい加減なことはできません。
柱を見せることで木本来の見た目の美しさを楽しめるだけではなく、木が直接空気に触れる状況をつくることで、木が呼吸する環境ができます。蒸し暑い夏には湿気を吸い、乾燥する夏には吐き出してくれる。木そのものが温度や湿度の調整をしてくれるのです。


面を強度ととらえる「大壁造り」に対して、柱を組んで強度とする「真壁造り」。一見、面で固めた方が強度も強く耐震性もあるように思いがちですが、実はそうでもないんです。どの住宅でも揺れによる負荷がかかり続けそれが大きくなり、ある一定のライン(限界点)を超えると崩壊が始まります。その崩壊の仕方に大きな違いがあります。面でとらえた「大壁造り」の場合、一気に崩壊します。それに比べ、柱でとらえた「真壁造り」は竹がしなるように粘り強く徐々に崩壊していき、限界点を越えても完全につぶれていなければ修復もできます。

「真壁づくり」は日本古来の伝統技法。ですから、1000年以上前に立てられた日本の寺社仏閣のほとんどが真壁づくりで建てられています。あの世界最古の木造建築といわれる法隆寺も真壁づくりなのです。
古くから継承された日本古来の伝統の技「真壁造り」。1000年以上もの実績がその優秀な技を裏付けしています。


壁を土壁にすることで、さらに調湿性や調温性が高まります。ただ単に数字での気密性や断熱性を高め外気をシャットアウトする現在の技術とは違い、壁全体が呼吸し、より自然で心地良い住空間が実現されます。
それぞれの木の柱のやさしく美しい風合いを楽しむのも、日本人独特の美学なのかもしれません。

土壁の施工では、このように壁のベースに竹を格子状に組んでいきます。パネルをバスッバスッと張っていく現在の家づくりを見慣れている方々にはちょっと珍しい光景かもしれません。
これらを組む技術を持った職人も今は少なくなってきています。

質のいい土を水で練って、つなぎにわらなどを混ぜ合わせる、それを竹で組んだ枠に重ねる・・・はるか昔から変わっていない建築技法です。材料はほとんど自然の天然素材で構成されています。
今振り返ってみると遥か古の建築技術が究極のエコなんだとあらためて再認識させられます。

 


大木本建設/和みの家/建築会社/和風建築/匠の技/職人/思いやり/笑顔/但馬/気候/兵庫県/豊岡市/一日市