和みの家

古くて新しい伝統的な匠の技が活きる「和みの家」

豊岡市で注文住宅・リフォームを手がける大木本建設は、但馬に受け継がれる匠の技を活かした「和みの家」をご提供する工務店です。古くから山陰地方の但馬では、自然素材で創り上げる伝統的な家づくりの技法が受け継がれています。「和みの家」はその土地の風土に合った暮らしを現代に甦えらせます。その魅力を詳しくご紹介します。

日本の家づくりの原点となる「伝統構法」

日本の家づくりの原点となる「伝統構法」

江戸時代から大工棟梁の伝承により、現在に受け継がれた伝統構法。木づくり、石場建て、木組みの工夫、金物に頼らない接合部、貫の粘り強さ、土壁の強度、真壁の利点、立体フレームの架構、長寿命の工夫、生活しやすい間取りなど、現在のように物資が豊富でなく、材料や道具が乏しい時代に培われ、練り上げられた技術の上に成り立つ構法です。ただし、現在、伝統構法そのままで建設しようとすると、多大なコストがかかります。
今後の課題は伝統構法の原理を活かし、様々な家づくりの知恵を、現代の工法にふさわしい形で、どのように応用していくかということです。伝統構法の優れた技術を現代化しつつ、頑丈で長寿命であり、尚且つ再生可能な家を造ることが、現在の社会のニーズです。200年住宅が期待されるまでになった今求められる、そして、近い将来に必要とされる住宅に適った考え方であり、これから増々成長していくことが求められる構法です。

呼吸する真壁造り

呼吸する真壁造り

現在、よく見られるのは柱を隠し、フラットな一枚の大壁にする「大壁造り」です。一方、「和みの家」では、柱を表に見せて素材の風合いを楽しむ「真壁造り」を用います。これにより、木の本来の見た目の美しさを楽しめるだけでなく、木が呼吸する環境を整えることができます。蒸し暑い夏は湿気を吸収し、乾燥する冬は水分を放出し、木そのものが温度や湿度の調整を果たしてくれるのです。

耐震性が高い真壁造り

「大壁造り」は一枚の面で強度を高めていますが、「真壁造り」は柱を組んで強度を高めます。一見、一枚の面の方は強度が高く、耐震性がありそうですが、地震の揺れで負荷がかかる状態が続き、限界点を超えると崩壊し始めます。一枚の面の「大壁造り」は一気に崩壊しますが、柱を組んだ「真壁造り」は限界点を超えても、竹がしなるように粘り強く、徐々に崩れるので、完全に崩壊しなければ、修復することも可能です。

寺社仏閣の千年以上の実績

寺社仏閣の千年以上の実績

「真壁造り」は日本古来の伝統建築技法で、千年以上前に建てられた日本の寺社仏閣のほとんどが真壁造りで建てられています。世界最古の木造建築とされる法隆寺も真壁造りです。古より継承された日本の伝統の建築技法「真壁造り」は、千年以上にわたる実績が優秀な技法であることを裏付けています。

日本の伝統技術「真壁造り」+「土壁」

日本の伝統技術「真壁造り」+「土壁」

壁を土壁にすると、自然に湿度や温度を調整する機能性が高まります。数字で気密性や断熱性を評価する現代の建築技術とは違い、壁全体が呼吸することで、より自然で心地よい住空間が生まれます。土壁を施工する際は、竹を格子状に組み枠を作ります。質の良い土を水で練り、藁などを混ぜ合わせ、竹を組んだ枠に塗り重ねていきます。材料はほとんど自然の天然素材を使用していますので、古の建築技術が究極のエコな技法であることが分かります。

身体にやさしい天然塗料

近年は環境問題への意識が高まり、自然志向の方が増えています。家づくりの塗装仕上げでも、日本の伝統的な天然塗料が再び注目されています。

天然の植物由来の塗料

天然の植物由来の塗料

当社では設立当初から、「柿渋」「ベンガラ」「漆」などを、塗装仕上げの主な材料に使い続けています。天然塗料は、当社のリフォームで得意とする「古民家再生」にも適しており、古材と新材の色合わせや、古材風の仕上げにも活かすことができます。

自然素材だから身体にやさしい

自然素材だから身体にやさしい

天然塗料を壁や柱、木材に塗布することで、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸着する作用があるという実験結果が出ています。また、健康食品などにも利用され始め、近年、増えている子供のぜんそくなどにも効果的とされています。また、防水・防虫・防腐・抗菌・素材の補強などにも有効とされます。身体にやさしく、人にやさしいのが、古くから伝わる天然塗料です。

瓦と畳は但馬の気候風土にぴったり

現在は機能的で様々な屋根材がたくさんあり、床材はフローリングが主流になっていますが、但馬の気候風土を考えると瓦と畳が適しています。

但馬の気候風土と瓦

但馬の気候風土と瓦

瓦は他の屋根材に比べると、確かに割高になりますが、その分、耐久性、通気性、遮音性、防火性すべての性能のバランスに優れた材料です。また、但馬は冬と夏の温度差が大きく、年間の積雪量が全国平均より多いため、積雪によって屋根材が傷むこともあります。瓦なら傷んだ部分のみ交換できるという便利さがあり、但馬の気候風土にぴったりの材料と言えます。
屋根瓦の材料は土、水、木と少量の針金や釘などで、ほとんどが天然素材を使用します。瓦の施工はパネル材などの新しい材料と違い、手間がかかるため、仕上がり具合は職人の腕にかかっています。

日本建築の歴史を歩んできた畳

日本建築の歴史を歩んできた畳

畳は1枚で約500ccの水分を吸収し、空気が乾燥するとその水分を放湿する働きがあります。年間平均湿度が73%という日本では、畳が持つ吸放湿の働きは、暮らしやすい快適空間をつくるのに最適です。畳の性質と効用は他にもたくさんあります。

浄化作用

畳表は二酸化窒素ガスを吸収する働きがあり、知らないうちに室内の空気を綺麗にし、健康な環境を作ってくれます。

保湿・断熱効果

寒い冬は室内の暖かさを外に逃さず、暑い夏は高温の外気の侵入を防ぎます。

吸湿・防湿作用

梅雨時の湿気の多い時期は水分を吸収し、室内が乾燥するときは、蓄えた適度な水分を放出する、エアコンのような湿度の調整ができます。

吸音効果

音を吸収してくれるので、フローリングに比べて隣や真上の部屋の音が響きません。また、テレビやステレオなどの音響も和らげてくれます。

安全性

堅いフローリングと違い、弾力性がある畳なら、小さな子供やお年寄りが転んでも、ケガのリスクが少なく安全性が高まります。

鎮静効果

畳の部屋はい草の香りで疲れた身体を癒し、心を鎮めてくれる鎮静効果があり、森林浴をしているような効果があります。

気象の変化が大きい日本のなかでも、特に自然環境が厳しい但馬では、畳の保温性、調湿性、遮音性、安全性が活かされます。現在は国内だけでなく、海外でも万能な床材として、畳が高く評価されています。

伝統構法を軸とした在来工法

伝統構法を軸とした在来工法

伝統構法も在来工法も、柱や梁などで住宅が構成されていることに変わりはありません。伝統構法は江戸時代から大工棟梁の伝承に基づき、柱や梁などの接合部分を木材のみで構成し、木の癖や特性を熟知した職人の知恵が詰まった建築技法です。現代のような化学物質を必要とせず、天然素材の木や土、水、石、紙などを多く用いた、人にも地球にも優しい究極のエコ住宅を建てられます。一方で、在来工法は戦後の復興で急速に広まった、西欧的な建築思想を組み入れたトラス構造の工法で、金物を使用して住宅を建てます。
金物を使用することで、施工方法を一律化し、住宅の構造的性能を均一化することに成功しました。伝統構法だけで家づくりを行うことも可能ですが、現在の法令に合わず、材料コストも必要以上にかかってしまいます。伝統構法の古くから伝承された匠の技を軸とし、在来工法の近代技術の良いところをプラスすることで、より安全で安心な家づくりが可能になります。「伝統構法を色濃く残した在来工法」が当社の目指す家づくりです。

「和風」を目指すわけではない。自然と「和の空間」になっている。

「和風」を目指すわけではない。自然と「和の空間」になっている。

当社は和の伝統技術にこだわり、生活に必要のない空間を作ったり、あえて難しい技巧を駆使したりするような「和風」を目指しているわけではありません。住宅は住まわれる方が、安心してくつろげる空間であることが大前提です。住んでみてどことなく和を感じることができるような、自然や風土と暮らしなどあらゆることの調和を目指す「和みの心」を追求すれば、おのずと和の空間が作られていくものだと考えています。日本人に共通するやすらぎの意識、それが「和みの心」だと思います。

モダン和風住宅

モダン和風住宅

現代の生活様式に合わせ、和風建築を再構築させた現代建築の住宅です。1階から2階につながる吹抜けや、大きな窓、薪ストーブの設置、ウッドデッキなど伝統的技法と現代の最新設備を組み合わせます。

伝統的和風住宅

伝統的和風住宅

大鴨居や漆塗り、昔ながらの土壁、季節を飾る床の間など、長い歴史を経て蓄積された、古来の伝統的構法で建てる住宅です。日本の大工が「和みの心」を追求してきた建築技法ですが、その技術を継承する大工は但馬でも限られます。

古民家再生リフォーム

古民家再生

昔ながらの伝統建築の技術がそのまま残る古民家は、それだけ再生が難しく、高い技術が必要です。当社は古民家再生リフォームにより、現代風のおしゃれな内装を施すこともできますし、そのままの姿を活かすことも可能です。