【リフォーム】築150年の古民家の改修

【リフォーム】築150年の古民家の改修

【リフォーム】築150年の古民家の改修

場所 福知山市大江町
費用 -
施工年月 -

大江町に建つ築150年の古民家の改修です。
水害により床上浸水となり空き家となった古民家に命を吹き込む
古民家に暮したいと考える若いご夫婦の不安を吹き飛ばす事に力を入れてみました。
予算を考慮した設計にチャレンジです。

 

古民家だからこその表現を。煤で黒くなった梁を表しにしてアクセントをつけました。
天井吹き抜けは、隣の寝室の室温を保つためのものです。

  • 【リフォーム】築150年の古民家の改修
  • 【リフォーム】築150年の古民家の改修
  • 【リフォーム】築150年の古民家の改修

【①Before 】
住宅も住まなければただの箱になってしまいます。この時点での施主さんの不安は言うまでもありません。

 

【②解体状況 】
埃まみれになりながらの作業は大変です。

 

【③床下地の完成 】
床下を片付けやっと根太掛けまで出来ました

  • 【リフォーム】築150年の古民家の改修
  • 【リフォーム】築150年の古民家の改修
  • 【リフォーム】築150年の古民家の改修

【 After 】
①リビングの完成です。広いから気持ちがゆったりとしてきます。

②左上の着工前の状態が完成して、イグサの香りに包まれた8帖の広い和室が出来ました。

③キッチンを中心に奥さんの要望に答えLDKの側に脱衣洗面、寝室が在る廊下の無いオープンな空間が広いけど無駄の無い暮らしをあたえます。